最大5つのファイル、各10Mサイズがサポートされます。 OK
Henan Zhengzhou Mining Machinery CO.Ltd 86-371-55902868 inczk@zkcorp.com
ニュース 見積書をとる
ホーム - ニュース - プロジェクトを乾燥するスリランカの鉄の濃縮物

プロジェクトを乾燥するスリランカの鉄の濃縮物

April 20, 2022

プロジェクトの紹介:プロジェクトはスリランカである。チタニウムの粉の深い処理で従事している所有者は企業である。新製品を開発するためには、顧客は彼らの既存のチタニウムの粉をか焼し、理想的な完成品を得るために絶えず実験することを望む。それが実験段階であるので、顧客がか焼する必要がある材料の量は小さい、30のkg/hの。組織的設計を必要とするか焼プロセスである物質的なか焼プロセスは多数プロセスを含む。顧客の場所の状態そして技術的要求事項を定めた後、私達はロータリー キルンおよびガス・バーナーの組合せの機構を顧客に与える。顧客は私達の専門の技術およびサービス・レベルと非常に満足する。私は私達がプロジェクトの必要性に従って適切な実験装置を推薦してもいいことを望む。顧客のプロセスを前後確認した後、私達は顧客のための特定のモデルそしてサイズを定める。

[原料]チタニウムの濃縮物

[燃料]天燃ガス

[生産能力] 1時間あたりの30kg

 

プロジェクトの概観

プロジェクトの住所:コロンボ、スリランカ

製品名:チタニウムの濃縮物の実験ロータリー キルン

生産のスケール:30kg/hチタニウムの濃縮物の乾燥ライン

サービス規模:完成品の貯蔵および交通システム、環境の集じんシステムおよび電気オートメーションの制御システムのプロセス設計へのチタニウムの精製された粉の原料の貯蔵、交通機関、か焼および塵取り外し、装置の供給、装置のインストールおよび依託、アフターセールスの訓練から。

 

プロジェクトの解決

最初は、顧客は基本情報だけを提供したそれを含むか焼するべき材料はチタニウムの粉である、か焼量は1時間あたりの30のkgであり、か焼に使用する燃料は天燃ガスである。明らかに、これらのデータはプロセス設計を支えることができない。多くの照会およびコミュニケーションの後で、顧客は重要なか焼の温度およびか焼の時間を提供した。顧客は2から3時間か焼することを望み必須のか焼の温度は950から1050度である。完成品が要求に応じることができるかどうか観察するためにそのようなか焼の環境の実験をしなさい。顧客のデータに基づいて、私達の技術的なチームは主要な装置として注意深い計算の後でか焼の要求を完了するために0.5mの直径および4mの長さのロータリー キルンを選んだ。この基礎で、塵取り外しシステムおよび輸送機器を顧客に与えなさい。

最初の材料はロータリー キルンの頭部から運搬装置のφを通して重力の行為の下で入口から下り0.5 * 4mのロータリー キルンの流れを書き入れる。シリンダーの回転の間に、材料はシリンダーで絶えず転覆し、次第に熱される。予備加熱された材料は高温区域に動き続ける。このプロセスでは、材料は高温状態にか焼し、形はまた変わっている。

ロータリー キルンのガス送管は炉の尾の上部から導かれる。吸出し送風機の行為、ガス送管のパスの下集じん器を通したおよび次に排出される煙突からファンを通して。

か焼されたチタニウムの濃縮物の貯蔵所プロダクトはロータリー キルンの尾から流れ、コンベヤーを通した記憶域に渡される。交通機関の間に、自然環境が付いている接触は完成品の冷却を助けることができる。冷却の後でか焼の効果を促進するために完成品の状態に従ってか焼プロセスを最大限に活用する方法を、顧客は調査する。